ほのか 家族を守るお米とフルーツ

主食へのこだわり。
あなたと家族好みのお米!

お米選びの初心者から上級者までこだわった買い方ができます。

会員になってお得な情報ゲット!新規会員登録(無料)はこちら

お米の産地直送通販 家族を守る白米、玄米、果物(鳥取県 倉吉市)

生産者が直送するお米(白米、玄米):TOPほのか歳時記ブログ>農園大豆

ほのか歳時記BLOG

ほのか歳時記ブログトップ > 農園 大豆

2013年02月07日

刈り取った丹波黒大豆は、

 

すべてお店で販売します。。

13-2-7 8.jpg

今年の収穫は600㎏ありました。。

 

刈取後12月から翌年1月、乾燥させながら選別しました・・

 

13-2-7 5.jpg

 大きさを選別機にかけて大・中に分けます。。

 

小粒の大豆は、2月に自家用黒大豆味噌に使います。。

 

事務所仕事などを終え、倉庫に入り・・

 

夜昼も黒大豆の乾燥と選別の日々でした・・

 

昨年は、大雪で収穫が遅れましたが、

 

今年の忙しさは無事に収穫を終えた嬉しい悲鳴の日々です。。

 

ようやく乾燥も選別も終わり、販売用袋詰めの日々の始まりです。。

 

コメント (0)

2013年02月07日

 昨年12月から今年1月、丹波黒大豆の収穫をしました。

 

12-12-25 3.jpg

毎年恒例の大豆コンバインのお世話になりましたが・・

12-12-25 6.jpg

大昔は、手作業で1本づつ大豆を刈取して、

 

天日で干した後に、豆専用の脱穀機で収穫したものです。。

 

いまでは機械作業となり、私は見ているだけ・・

 

13-1-8.jpg

13-1-8 1.jpg

45aの大豆畑の刈取が数時間で完了です。。

 

 

コメント (0)

2012年11月06日

稲刈りが終わるとホッとするのが農家ですが。。

 

私の場合は、丹波黒大豆の枝豆収穫です。。

12-11-6 edamame 4.jpg

 朝5時に起きて、まずは新聞を流し読みしながら

 

6時になると少し明るくなります。。

 

大豆畑に行き、丹波黒大豆を収穫します。。

 

お昼になると、美味しさ成分が落ちるので 朝採りです。。

 

12-11-6 edamame.jpg

豆の大きさは少雨を心配しましたが例年並みです。。

 

私の栽培理念は「完全無農薬」

 

大きな豆~\(^o^)/ と喜ぶと・・・・

 

虫が穴を開けて侵入ということも・・・

12-11-6 edamame 2.jpg

収穫後、持ち帰って、サヤの虫食いを確認しながら

 

一つ一つ採ります。。。

 

およそ50本で枝豆15㎏が採れます。。

 

豆サヤにしたものを、1kg真空パックにして冷蔵庫へ。。。

 

鮮度が命の枝豆です。。

 

お店販売しかしておりませんが、ファンの声が支えです。。

 

「無農薬だから虫がいたらゴメンね」とお客様に・・・・

 

まもなく枝豆の時期も終わりです。。

 

ようやく一息 ホッと出来そうです。。が、

 

来月は、丹波黒大豆の収穫が始まります・・・

 

コメント (0)

2012年08月21日

今年の夏は本当に暑いです。。

 

冬は大雪情報で、夏は暑さで「鳥取」がニュースで紹介されます。。

 

『鳥取は寒いんか?暑いんか? どっち??』と聞かれますが、

 

原住民の私でさえ判らないのですよ。。。

 

この夏はワンパーンの日々です。。

 

朝の防災放送「今日は熱中症警報が発令中です・・・・・・」で始まり・・・

 

警報が外れることなく、本当に暑い日です。。

 

こんな暑さでも休日ともなれば、炎天下の田んぼのアゼ草刈り。。

 

初夏は見かけたマムシも姿を見せることなく

 

時々、田んぼの水の中からシマヘビが出る程度です。。

 

この暑さではヘビ君も水の中が居心地がいいはずです。。

 

今年は、カメムシが多いとのことで農薬を使いたくないので

 

唯一の予防法は草刈りしかありません。。

 

夕方の冷た~いビールとダイエットを楽しみに頑張るだけです。。 

 

2012年08月15日

丹波黒大豆の種まき後 約1カ月(7月24日です)

CIMG0414.jpg

今日の様子、、8月15日

12-8-15itabasi.jpg

同じ7月24日の違う畑です。。

CIMG0416.jpg

今日8月15日。。

12-8-15kamimaeda.jpg

また、違う畑の8月15日。。。。

12-8-15toisi.jpg

丹波黒大豆は、7月の炎天下に管理機で土寄せをします。。

 

溝を掘りますが、その土寄せの状況を。。。

 

土寄せの前に除草処理をしますが、粒剤の除草剤は残留が気になるので

 

土壌分解し残留しない市販液剤の除草剤で処理しています。。

12-8-15 mameune.jpg

今年は本当に暑かったです。。。

 

この丹波黒大豆を作っている畑は、長さ100m×幅約30mあります。。

 

管理機の幅は約80cmですので、100mを30往復します。。

 

事務所仕事がありますから、土日の炎天下にさせて頂きました。。

 

そろそろ丹波黒大豆の開花の時期かな?と思ってみると。。

12-8-15 hana.jpg

ビンゴ! \(^o^)/  花が咲き始めています。。。

 

2012年08月07日

 今年も、夏の暑さに負けないでの丹波黒大豆作業。。。

 

6月中旬に種まきをし、7月22日に土寄せを終えました。。

CIMG0414.jpg

昔は、種まきをするとカラスが来て豆を食べるのですが。。

CIMG0416.jpg

最近は、カラスの悪さより「ネキリムシ」という蛾の幼虫の被害と

 

モグラ穴を通勤路に悪用するネズミの被害が多く発生しています。。。

 

土中に混和(土に混ぜる)させる薬剤でなく、豆に塗る薬剤を使い

 

ネキリムシ予防をしますが、ネズミだけはお手上げです。。

 

ところどころ、生えていたはずの豆の苗が消失??

 

モグラ穴は、ネズミだけの通勤路ではなく、

 

時々ですが、ヘビもネズミを追いかけて使用しているようです。。

 

農家は土の上で、ヘビは土中で、、と、忙しいのです。。

 

2012年06月19日

 6月の台風上陸は8年ぶりとか。。

 

丹波黒大豆の種まきが終わりホッとしていましたが、

 

この台風4号の雨で、豆の種が水分過多で腐ることが心配です。。

 

また、田植えを終えたばかりの苗も・・・・

 

田んぼの水を少し多く溜まるようにしました。。

 

風が吹かないことが幸いですが。。。

 

台風進路の県では多くの自主避難もあるようです。

 

被害が少ないことを祈ります。

2012年06月18日

「 田植えが終わってホッとしただろう?」と声をかけられますが、、

 

「そうですね」と答えても、内心は違うのです。。

 

丹波黒大豆60aの種まきが残っています。。

 

田植え作業は雨が降っても関係なく出来る作業ですが、

 

丹波黒大豆の種まき作業は晴天が続くことが最低条件。。。

 

「○日頃は事務所ですか??」と取引先さまから聞かれると

 

『晴れなら田んぼ出勤・・・雨なら事務所』と答えますが、

 

雨の予報が晴れだと、ドタキャンすることもあります。。

12-6-15daizu.jpg

できるだけ土を細かくトラクターで何度も耕し

 

6月15日、丹波黒大豆の種まきを行いました。。

 

大豆を作る田んぼでは、あぜ草を積み上げて腐らせます。。

 

来年には、貴重な肥えた土となるからです。。

12-6-15daizu2.jpg

種まきに使う「大豆播種機」です。。

 

一見しても、よく見てもテープ張りの補修だらけの古い機械ですが、

 

長年使っていますから、以心伝心(愚妻より従順デス)。。

 

JAさんに、大豆種まき作業をお願いしすると

 

トラクターの後ろに播種機のついた機械で来られますが、

 

私は、ひたすら歩行用の機械で種まきをしています。。

 

一つ一つの作業の積み重ねに自分なりの想いを持ちながら

 

作業をしています。。。

 

2012年03月11日

 降り積もった雪も解けました。。

 

雪の中で、お正月を過ごした「丹波黒大豆」の刈り取りです。。

12-3-9 daizu.jpg

くもり空で、いつ雨が降ってもおかしくない天気のもと、

 

大豆専用コンバインで刈り取り中です。。

12-3-9 daizu2.jpg

思ったほど雪の害もなく、刈り取り後は乾燥用倉庫へ。。

 

「3月彼岸前に大豆収穫なんて経験ないな~」などと笑いながら。。

 

『あと3カ月もすれば、丹波黒大豆種まきだな』と言われ、

 

一年の月日の早さを感じました。。

 

考えてみれば、あと2カ月少しで田植えです・・・・

 

今年の春は大忙しになりそうです。。。

 

2012年03月03日

この写真は、今年2月29日のものです。。

 

昨年12月から何度も雪が降り、丹波黒大豆の大部分が残っています。。

 

太陽や雨などの自然の恵みを頂いて営む農業ですが、

 

時には、台風や大雨などの災害を受けることもあります。。

12-2-29.jpg

昨年は暑い日が続きました。。

 

秋になっても暑い日が続き、紅葉の美しさも感じませんでした。。

 

そのため丹波黒大豆も葉が落ちなくて、12月に入りました。

 

そして雪が降り、今年は何度も積雪があり・・・・

12-2-29  5.jpg

2月末でも丹波黒大豆が収穫出来ないという珍事です。。

 

農業に携わって初めての笑うしかない経験です。。

 

3月に入れば雪も少なくなり、収穫出来ると思いますが、

 

例年に比べれば大幅な減収となりそうです。。

 

友人に 「今年も丹波黒大豆作る?」 と聞かれ、

 

『もちろん』 と答えました。。

 

同じようなことは続かないだろう などと考えていません。。

 

ひょっとしたら、今年も雪に見舞われるかも・・と不安はあります。。

 

天気に左右される農業です。。

 

今年も丹波黒大豆を作るのは、農業が好きだからです。。

 

原発被災で苦しまれる方々に比べれば、苦労ではありません。。

 

2011年10月26日

6月に種まきをした「丹波黒大豆」です。。

 

病気や殺虫剤などを一切使用しないのですが、

 

これは枝豆で収穫するからです。。

 

どこの畑の大豆を収穫するのか決めていないので、

 

初めから無農薬にしようと決めています。。。

 

11-10-23 1.jpg

 

朝、6時前に、丹波黒大豆を収穫に出かけます。。

 

お日さまが登ってしまうと、葉の光合成などで

 

私たちにとっての「美味しさ」が 少なくなるような気がしています。。 

11-10-23-2.jpg

収穫した丹波黒大豆は、軽トラックに荷台で、

 

「豆さや」だけ取ります。。

 

豆の木ごと販売する方もあるようですが、、

 

ゴミも出ますし、面倒ですから、、私が朝のうちに・・・

 

11-10-23 3.jpg

 

虫食いや腐れなどを見ながら、

 

美味しそうな豆サヤだけにし、

 

プレハブ冷蔵庫へ収納します。。

 

鮮度が命ですから、9時前には作業終了・・・

 

11-10-23 4.jpg

 

甘味がある豆は、皮をむくとピンク色になっています。。

 

サヤも少し黒ずんでいるくらいが美味しいです。。

 

まだまだ収穫が続きます。。

2011年08月16日

 6月23日に播いた「丹波黒大豆」。。

 

11-6-23 1.jpg

 

こちらも順調に育っています。。

 

もう、そろそろ、丹波黒大豆にも花が咲きます。。

 

11-8-16 7.jpg

 

暑い日が続き、作業風景を撮影しようと持ち歩いていたデジカメ・・

 

車内で熱中症となり、ご臨終されましたので、

 

途中経過抜きのご案内となりました。。

 

大豆の花を撮影出来れば、掲載させて頂きます。。。

2011年07月07日

6月下旬に播いた丹波黒大豆。。。 

 

11-6-22 12.jpg

 

2週間経って、芽が出始めました。。。

 

11-7-3 34.jpg

 

この丹波黒大豆は、ハウスに播いた品種と違い

 

11月ごろ、枝豆出荷します。。。

 

煮豆用は、12月です。。。

 

11-7-3 35.jpg

 

2011年06月27日

 毎日見る天気予報は、懲りもせず「雨」の予想ながら、

 

宝くじのように当たることもなく、一雨欲しいころでした。。

 

11-6-22 12.jpg

 

湿害を嫌う丹波黒大豆ですが、植物である以上水分は必要。。

 

やっと6月25日、『所によって雨でしょう』という不思議な天気予報が当たりました・・

 

11-6-25 3.jpg

 

雨は欲しいけど、湿害は困るとの身勝手なニーズに対応するのが、

 

排水用の溝です。。

 

写真のように溝に水を集め排水を良くします。。

 

こうすることで根粒菌という大豆の根に住み着く菌を増やし、

 

元気な大豆が出来る基礎を作ります。。

2011年06月23日

丹波黒大豆の種まき作業を6月21日終了しました。。

 

下の写真は、排水用の溝を掘った後の状況です。。

 

11-6-22 13.jpg

 

炎天下トラクターで何度も耕し、、草を処理しました。。

 

土の上に筋状の線が見えますが、この筋状の下に種子があります。。

 

 

11-6-23 1.jpg

写真右側の白い影は、車の窓ガラスの反射です。。

 

今週は、毎日雨マークの予報でしたので、焦りました。。

 

大豆の種まき作業は、雨に降られると土が団子になり

 

発芽不良や溝掘りも深く掘れなく排水不良となります。。

 

田植えから約1ヶ月近く、休日返上の農作業・・・

 

溜まっていた疲れが、一気に出そうな感じですが。。

 

これからはあぜ草刈りの作業が待っています・・・、。。

 

2011年06月16日

 田植えを終え、丹波黒大豆の準備であぜ草を先週刈りました。

 

2.jpg

 

大豆を作る土は細かくしなければいけません。。

 

今年のように雨が多いと土が乾かず、

 

あせって湿った土をトラクターで耕すと土が大きな塊りになります。。

 

田植えは、雨が降った方がいいのですが、

 

大豆だけは天気予報を見て作業予定を考えます。。

 

11-6-15 2.jpg

 

6月15日、晴天続きでトラクターで耕す絶好のタイミング。。

 

今日は60aの田んぼをトラクターで耕しました。。

 

耕した後、乾燥した土にするため額縁状に排水路を掘ります。

 

11-6-15 3.jpg

 

溝を掘る機械で全長260mを歩くのは、かなりな重労働ですが、

 

クワやスコップで掘ることを思えば楽ですね。。

 

11-6-15 1.jpg

 

来年は、水田にするので畦の補強用に土を盛りながら溝を掘ります。

 

この機械は、馬力があるため油断すると、

 

一人で走るため操作には相当な力が必要です。。

 

さすがに30aの田んぼ2枚の溝堀は疲れました。。

 

あとは、丹波黒大豆の種まきまでトラクターで3回耕します。。

2011年06月13日

 この画像は、昨年の田植え準備の様子です。

 

この地区の田んぼは、3年ごとにお米を作らず大豆を栽培しています。

 

「転作」という取り組みですが、大豆を作る目的は、

 

美味しいお米作りに欠かせない肥えた土作りとなるのです。

 

化成肥料を使わず、大豆の根が窒素を貯め込み良い土が出来ます。

 

si-to064.jpg

 

 

これが、あぜ草を刈ったばかりの丹波黒大豆栽培田です。

 

これから何度もトラクターで耕し、アミノ酸豊富な海の幸豊かな肥料を入れます。

 

今年の丹波黒大豆栽培面積は80a。

 

田んぼ3枚です。

2.jpg

 

丹波黒大豆の栽培は、7月の炎天下に作業が集中します。

 

幅30mで長さ100mの田んぼを20回以上往復します。

 

今年は、万歩計を付けて歩数を計ろうと思います。

 

 何事も、遊び心がないと面白くないですからね。。。

 

 

夕方は、火照る身体を水風呂で冷やす時が至福の時ですし、

 

冷た~~いビールが本当に美味しいものですが。。。 

 

「飲みすぎないでよ」という愚妻の言葉が一番冷たいのかも・・・・

 

ページ上部へ
■会社概要
運営会社/有限会社 五合屋 
店舗名/ほのか 店舗運営責任者/鐵本 伸一
会社所在地/鳥取県倉吉市八屋161-2
電話/0120-567-468 FAX/0858-48-1554
営業時間/【平日】9:00~17:00 【定休日】土日・祝祭日

■お問合せ
インターネットでのお問い合わせは24時間営業
インターネットでのお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ: TEL: 0120-567-468
携帯電話からは TEL:0858-48-1559
【平日】9:00~17:00 【定休日】土日・祝祭日
担当者不在の際は、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。 こちらから折り返しご連絡させていただきます。
『当店は夫婦で、ネット店と実店舗を営業しております。ネット店責任者が出張等で不在の際は、発送日変更等のご連絡をメールまたはお電話にてさせて頂く場合もありますので、予めご理解賜りますようお願い申しあげます。』


■お支払い方法
代引き、銀行振込、クレジットカードネット決済[クロネコWEBコレクト] (ご注文時カード払い)、郵便振替でのお支払いがご利用頂けます。⇒お支払い・送料について

■送料について
全国一律 500円。ご注文1回につき何点注文しても同額です。⇒お支払い・送料について
★ご購入商品代金の合計 4,500円(税込)以上の場合、送料が0円になります。

■お届けは【クロネコヤマト】
正確なお届けで定評の【クロネコヤマト】でのお届けです。最後まで安心して気持ち良くお買い物をお楽しみ頂けます。ご注文精算時にお届け日/時間帯指定が可能です。
【業者】ヤマト運輸 ⇒お支払い・送料について

■返品について
返品は未開封・未使用のもののみ到着後1週間以内に、電話連絡頂いたもののみお受け致します。
返品の送料については初期不良のものは当社が、それ以外のお客様の都合による返品につきましては、お客様にてご負担頂きます。
それ以外の返品につきましてはお受け致しかねますのでご了承下さい。⇒お支払い・送料について


■プライバシーポリシー
お客様に安心してお買い物をして頂くために、個人情報を、安全な環境で管理しています。当店は、お客様のご承諾が無い限り、登録された個人情報を第三者に開示しません。個人情報の紛失・誤用・改変を防ぐ為に、厳重なセキュリティー対策を実施しています。